サービス付高齢者住宅は第二の人生のスタンダードとなるか


これまで国土交通省が進める住宅政策と、厚生労働省の福祉政策とで別々に動いていたものを「高齢者の居住の安定確保」について法律が制定され、複数あった高齢者向け住宅の制度が「サービス付高齢者向け住宅」として2011年に一本化された。それからわずか3年余りでサービス付高齢者住宅は5千棟、16万戸を超えた。それでも、全体の住宅数からすると1パーセントにも満たないわずかなものであるが、今後、増えていくことが見込まれる。 サービス付高齢者住宅の特徴は、一般的な賃貸住宅の考え方がベースになっているところにあり、ハード面では一定のバリアフリー基準を満たし、なおかつ最低限の安否確認や生活相談のサービスが受けられることが登録の条件となっている。これをクリアすることで、建設時には補助金が受けられ、固定資産税の減免もある。 今回、横浜駅の近くにある築46年のマンションを改修して高齢者住宅としてオープンすることになり、その運営のコンサルティングがスタートした。ストック活用の観点からすると、高齢者のための住宅は、ニーズの高まる高齢者の住宅需要に対して、既存の建物ストックを転用することで応えていくことが考えられ、これはストックの有効活用そのものである。 また、もうひとつには、既存ストックの所有者である高齢者に自宅からの移転を促し、住宅流通の活性化に寄与してもらう点がある。例えば、おばあちゃんが一人で大きな一軒家に暮らしていて、持て余しているようなケースである。家が広すぎて手入れが回らなかったりする。愛着があって離れられない事情もあるだろうが、ひょっとするともう少し小ぶりなマンションタイプのほうが住みやすいのではないかとも考えられる。一方で、その大きな家は、これから家族が増えるであろうもっと若い夫婦に住んでもらうほうがずっといいかもしれない。簡単に言えば、住まいを入れ替えることだが、これまでおじいちゃんやおばあちゃんが終の棲家として住みたいと思えるような住宅の供給がほとんどなかったから、その入れ替えがあまり進んでいなかった。しかし、それを満たすような住宅が増えることで、状況が変わっていく期待がある。 制度として、安否確認サービスがセットとなっている点も優れている。一般の賃貸アパートなどの大家さんは、高齢の方の入居にはためらいがある。それはやはり安否の問題がある。孤独死などが起こってしまうと、次の賃貸に影響が出てしまう(人が死んだ部屋が貸しづらくなるという現状にも問題があるのだが)。その点がクリアされるのならば、貸す側としても住宅の提供がしやすくなる。これは市場として広がっていくためにとても重要なことだ。市場が広がれば、サービスが多様化し、消費者側にメリットが出てくる。老後に魅力的なライフスタイルが目に見えてくることで、人生そのものの意義が変わってきたりしないだろうか。そういう世の中に早くなってほしいものだ。

>> 活動日記一覧へ >> コンセプト「ストック活用」

どうすればいいのか分からない

自宅や賃貸アパート、ビルなど建物(不動産)もはじめの頃は問題があまりなかったものの、年が経つごとに次第に悩みが多かれ少なかれ生じてきます。気が付くと問題が山積みになっているというようなこともしばしば見受けられます。特に古い建物になればなるほど、そういった傾向が目立ってきます。

古い建物に共通する問題

  • 経年劣化による不具合の問題

  ……漏水、設備故障、ひび割れ、傾きなど

  • 建てた(買った)時からの時代の変化によるミスマッチ

  ……家族構成・勤務先・収入等の変化、時代遅れの設備・耐震・断熱性能など

  • 建物とともにオーナーも歳をとることでの問題

  ……定年退職、気力の低下、親の相続、自分の相続

ある築年数でこれらの問題が一度に押し寄せるため、「どこから手をつけていいのか分からない」という状況に陥りがちです。しかし、複雑に見えることでも冷静に整理すれば、たいてい不動産に関する問題解決のパターンとして大きく以下の5つが考えられるものです。

<問題解決のパターン>
1. 売る
2. 貸す
3. 建替える
4. 使い続ける
5. 上記の組合せ

AIRYFLOWのコンサルティングでは、これらの選択肢を洗い出すところからスタートし、それらを中立客観的にかつ長期的な視点で比較検討して具体的なアクションまでサポートします。

納得できる解決方法が見つかります