宿場町の古民家を借り上げてDIYシェアハウスにリノベーション


知り合いの実家でとても古い空き家が借り手がいなくて困っているというので見に行ったら、とてもいい雰囲気の古民家だったので、この建物を自分が丸ごと借りて、ちょうどやってみたいと思っていたシェアハウスにしようと考え、交渉したら、いいよということなりました。まず、大家さんとどういう契約にしたほうがいいかをアドバイスしていただきたいです。シェアハウスにする改修費用は私の負担で比較的自由にやれればと考えていますが、そういうのが賃貸で許されるのかよく分かりません。また、予算が限られているので、改修費用をおさえつつ、それでもこの古民家の良さを生かした企画やデザインにしたいです。 【物件概要】 場所:東京都品川区 土地:217.82㎡ 建物:110㎡ 構造:木造2階建、築63年 用途:住宅、シェアハウス 現況:空き家 【コンサルティング内容】 オーナーとの賃貸契約書では、造作可能とし、なおかつ原状回復をある程度免除してもらう内容を盛り込めば大丈夫です。細かい点では、今後の修繕でのオーナーとの負担区分について一定のルールを決めておくのがいいでしょう。注意する点としては、将来的にシェアハウス運営がうまくいかずに店じまいにならざるを得なくなった場合に、途中解約のルールについても今の時点で決めておくのが、万が一の時にもめないで済むと思います。改修費用は、DIYでやることを積極的に取り入れて費用を抑える方法があると思いますが、専門業者に頼まないとできない部分もあるので、そこの調整をうまくやる必要があります。そのほか、水回りなど、できるだけ使えるものは修理して使うくらいで予算的にはちょうどいいくらいになるのではないでしょうか。 <実施内容> ・一括借上げの賃貸借契約の交渉 ・企画、プランニング ・改修設計のプロデュース ・工事見積対応、予算調整 ・DIY工事の安全管理 ・シェアハウス募集のアドバイス

どうすればいいのか分からない

自宅や賃貸アパート、ビルなど建物(不動産)もはじめの頃は問題があまりなかったものの、年が経つごとに次第に悩みが多かれ少なかれ生じてきます。気が付くと問題が山積みになっているというようなこともしばしば見受けられます。特に古い建物になればなるほど、そういった傾向が目立ってきます。

古い建物に共通する問題

  • 経年劣化による不具合の問題

  ……漏水、設備故障、ひび割れ、傾きなど

  • 建てた(買った)時からの時代の変化によるミスマッチ

  ……家族構成・勤務先・収入等の変化、時代遅れの設備・耐震・断熱性能など

  • 建物とともにオーナーも歳をとることでの問題

  ……定年退職、気力の低下、親の相続、自分の相続

ある築年数でこれらの問題が一度に押し寄せるため、「どこから手をつけていいのか分からない」という状況に陥りがちです。しかし、複雑に見えることでも冷静に整理すれば、たいてい不動産に関する問題解決のパターンとして大きく以下の5つが考えられるものです。

<問題解決のパターン>
1. 売る
2. 貸す
3. 建替える
4. 使い続ける
5. 上記の組合せ

AIRYFLOWのコンサルティングでは、これらの選択肢を洗い出すところからスタートし、それらを中立客観的にかつ長期的な視点で比較検討して具体的なアクションまでサポートします。

納得できる解決方法が見つかります