企業の保養所跡の建物を活用してシェアハウスなどに


売りに出ていた保養所を購入しました。六甲山の頂上付近にあり、神戸や大阪方面までを見下ろせる絶景と、国立公園らしい緑深い自然の環境が気に入り、このロケーションを活かしてリノベーションをしてシェアハウスなどにしたいと考えています。建物はかなり古く築50年経っていますが、最近まで人が住んでいたので、劣化状況としては比較的良いほうだと思います。アウトドアをコンセプトにするなどシェアハウス以外の用途も比較検討したいです。収支面もよく考えたいところです。神戸市内ではありますが、山の中なので、交通アクセスに難があります。 【物件概要】 場所:兵庫県神戸市灘区 土地:2,436㎡ 建物:533.26㎡ 構造:木造、鉄骨造2階建、築50年 用途:保養所 現況:空き家 【コンサルティング内容】 建物の状況が比較的良好のようで、基本的には限りなくこのままの状態で最小限の投資で有効活用するのがよいかもしれません。眺望がとても素晴らしいのですが、それでこの山奥に住宅として借りてくれる人がいたとしてもどれくらいの賃料になるか分からないところがあります。あくまでもニッチなニーズでしょうから、そこから安定収益を期待できないのであれば、借り入れ含めた大きな先行投資は避けたいところです。また、リスク分散という観点では、活用する用途を組合せるのがよいかもしれません。元々エリアとしては観光の要素が強い場所ですから、宿泊やレジャー用途も検討すべきでしょう。ただしそれにしても、曜日や季節での変動要因も大きいと考えられるため、想定ターゲットなどをよく検討したいところです。コンセプト次第では、関西圏だけでなく、全国区からの移住や海外からの来訪も取り込んでいけるポテンシャルが十分にあると思われます。一方で、国立公園内の立地ということで、様々は法規制があると考えられるので、まずはその辺りを把握して進める必要があります。 <実施内容> ・法規制調査、役所ヒアリング ・市場調査、事業企画、収支計画 ・運営体制構築 ・改修工事のプロデュース

どうすればいいのか分からない

自宅や賃貸アパート、ビルなど建物(不動産)もはじめの頃は問題があまりなかったものの、年が経つごとに次第に悩みが多かれ少なかれ生じてきます。気が付くと問題が山積みになっているというようなこともしばしば見受けられます。特に古い建物になればなるほど、そういった傾向が目立ってきます。

古い建物に共通する問題

  • 経年劣化による不具合の問題

  ……漏水、設備故障、ひび割れ、傾きなど

  • 建てた(買った)時からの時代の変化によるミスマッチ

  ……家族構成・勤務先・収入等の変化、時代遅れの設備・耐震・断熱性能など

  • 建物とともにオーナーも歳をとることでの問題

  ……定年退職、気力の低下、親の相続、自分の相続

ある築年数でこれらの問題が一度に押し寄せるため、「どこから手をつけていいのか分からない」という状況に陥りがちです。しかし、複雑に見えることでも冷静に整理すれば、たいてい不動産に関する問題解決のパターンとして大きく以下の5つが考えられるものです。

<問題解決のパターン>
1. 売る
2. 貸す
3. 建替える
4. 使い続ける
5. 上記の組合せ

AIRYFLOWのコンサルティングでは、これらの選択肢を洗い出すところからスタートし、それらを中立客観的にかつ長期的な視点で比較検討して具体的なアクションまでサポートします。

納得できる解決方法が見つかります