リアル出店の進化形、「マイクロリーシング」とは?

浜松で面白い取り組みをやっている若い建築家がいて、詳しく案内してもらった。衰退傾向にある中心市街地の古い雑居ビルをどうやって利用するのがいいのか、デザインだけでなく、そのビジネスモデルまで考えているようだ。よくある事務所利用のパターンとして「シェア」がある。先例として、ひとつのテナント区画を複数の事業者で利用するシェアオフィスがあるし、この住居版はシェアハウスとなる。今やネット環境とPCさえあれば、十分に仕事ができるから、何十坪ものスペースはいらないし、コピー機なども共同利用でよい。 この発想をさらに進化させたのが、彼が考える「マイクロリーシング」だ。どうマイクロなのかというと、なんと10cm×10cm単位で「スペース」を借りることができるのだ。10センチで何をするかといえば、例えばアクセサリーなどのディスプレイとして利用ができる。時計くらいを飾るならちょうどいいスペースだ。もちろん、10個でも20個でも借りていい。ここでは、そのままそれら商品を買うこともできる。出品者の代わりに、ここの運営スタッフが決裁も代行してくれる。スペースだけでなく、販売員のシェアにもなっていると言える。ネット販売などをやっている事業者がリアル店舗を実験的に試したいといったニーズと合致するのではないだろうか。まだ、採算ベースまでには至っていないようだが、こういった発想には可能性を感じる。 こういう仕掛けを建築家がやっていることも面白いと思った。建築家というよりもマーケターに近い。もともと建築のスキルは広告のスキルに通じるものがある。建築のデザインの役割として人を魅了することがあって、ファサードや空間作りにおいてもそれが求められる。建築家は時として看板などのサイングラフィックも手掛ける。ここにくると広告の領域と完全に重なってくる。また、建築家には、人々の動線やゾーニングなど、人間中心の考え方が職能として身についている。これをもう一歩進めれば、マーケティングの基本である顧客思考に発展させることが自然にできる。あとは、ちょっとした金の計算ができれば、事業プランくらいすぐに作成できるようになる。そういうハイブリッドな人材がこれから増えてきて、あちこちの街を変えていくのだろうと思った。 KAGIYAビル https://www.facebook.com/kagiyabldg

>> 活動日記一覧へ >> コンセプト「ストック活用」

どうすればいいのか分からない

自宅や賃貸アパート、ビルなど建物(不動産)もはじめの頃は問題があまりなかったものの、年が経つごとに次第に悩みが多かれ少なかれ生じてきます。気が付くと問題が山積みになっているというようなこともしばしば見受けられます。特に古い建物になればなるほど、そういった傾向が目立ってきます。

古い建物に共通する問題

  • 経年劣化による不具合の問題

  ……漏水、設備故障、ひび割れ、傾きなど

  • 建てた(買った)時からの時代の変化によるミスマッチ

  ……家族構成・勤務先・収入等の変化、時代遅れの設備・耐震・断熱性能など

  • 建物とともにオーナーも歳をとることでの問題

  ……定年退職、気力の低下、親の相続、自分の相続

ある築年数でこれらの問題が一度に押し寄せるため、「どこから手をつけていいのか分からない」という状況に陥りがちです。しかし、複雑に見えることでも冷静に整理すれば、たいてい不動産に関する問題解決のパターンとして大きく以下の5つが考えられるものです。

<問題解決のパターン>
1. 売る
2. 貸す
3. 建替える
4. 使い続ける
5. 上記の組合せ

AIRYFLOWのコンサルティングでは、これらの選択肢を洗い出すところからスタートし、それらを中立客観的にかつ長期的な視点で比較検討して具体的なアクションまでサポートします。

納得できる解決方法が見つかります