都心から1時間、葉山の一軒家のようなホテルで週末を過ごす


最近、新しいタイプの宿が次々にオープンしているが、これもまた面白い。「ザ・キャンバス・ハヤマパーク」は、葉山公園のすぐ近くの細い路地が入り組む閑静な住宅街の中にある。こんなところにホテルが?という立地だが、見た目は完全に一軒家で、板張りの外観の極めてシンプルな「箱」が3つ思い思いに佇んでいて、この住宅街にあって違和感がない。ホテルで言えば、3室となる。それぞれに「暁」、「雲海」、「水面」という室名が付けられていて、インテリアもそれぞれのテイストで異なっているという趣向だ。広々としたベッドルームとリビングがそれぞれにあって、最大5名までが1泊35,000円からで宿泊できる。フル装備のキッチンもあるから、食材を持ち込んで料理も楽しめる。ペット用のケージが備えられている部屋もある。こんな宿が葉山にある。海も歩いてすぐの場所に。たぶん、自分の家としてほしくなってしまうかもしれない。いや、それを所有するのでなく、たまに使って、みんなとシェアするという時代なんだと思う。そういう拠点があちこちにあったら、人生がもっと楽しくなりそう。 The Canvas Hayama Park https://thecanvashotel.jp/

>> 活動日記一覧へ >> コンセプト「ストック活用」